~Attractive Wild~クワガタブログ

テラリウムを中心にクワガタブリードしています。最近は小型種にハマりつつあります。飼育は初心者です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

クワガタ相撲 考察

こんばんわ~。メリクリです~!

トナカイは、時速75~80kで走ることができます。


あげくのはてはソリひいて飛んじゃうし…

では本題!

今回は、クワガタ相撲についてあれやこれやと考察(というよりも、自分の思ってること)をかいていきたいとおもいます!

①:ダイオウ天下の80mm級~体格でサイズを稼ぐ!!~

80㎜級は、毎回階級の中でもっとも出場虫が多いです。サイズと値段の関係からそうなるのだと思います。

そして、この階級で最も多い虫は、ダイオウヒラタクワガタです。

出場虫最多で、毎回の優勝虫もダイオウヒラタで、どうしてこんなにダイオウが多いのか...?

そこで、僕的視点で考えました。

まず、体格ですね。クワガタ相撲で欠かせない大きな要素に「体格」があります。

サイズ階級は、「顎先から尻まで」の計測です。このサイズを、最大限に体格で稼ぎます。

ですから、この階級では体格ののったクワガタを選ぶことです。

パラワンのように顎の長いクワガタは不利でしょう。



同サイズでの比較


↑の図のように、ダイオウはサイズで体格をうまく稼いでいます。パラワンは、顎の長さでサイズを稼いでいるため、体格は半減されてしまいます。画像のダイオウと互角に渡り合うには、右のパラワンほどないといけません。しかし、サイズ制限されては、右のパラワンは失格です。それゆえ、パラワンはこの階級では不向きなのです。

そして、もう一つの理由はこの顎の形状ではないでしょうか…?

顎は「く」の字を描く他のヒラタには見られない、独特の形状をしています。

これは戦闘においてはかなり優位にたてるでしょう。

相手を挟むと、なかなか離れません。いわゆる、「ダイオウロック」とよばれる技を持っています。これにより、相手にフィジカル、メンタルの両方をダウンさせられます。

以上の点において、80㎜級ではダイオウが有利とかんがえられます。

サイズ制限級では、ごつさを問われる!!!←重要!


②パラワンの可能性~でっかくて、軽いやつ~

①でさんざんパラワンのことを貶してしまいましたが、パラワンはどういった階級が有利か?

パラワンオオヒラタは、世界最大のドルクスです。しかし、その長い顎のせいで、サイズ級では頭を悩ますことになります。
では、このでかさを何に利用すればよいのでしょうか…?

ずばり、「重量級」ではないでしょうか…?

重量級で、この「でかさ」をりようすればこっちのものです^^

パラワンは、割と華奢な体つきですが、この階級で体格で勝負のごつい(けれどぱらわんよりちいさい)スマトラなどと、おおきな体差で戦うことができると思います。

つまり、サイズ制限級と全く反対の考え方です!!

重量階級では、でかさを問われる!!!←重要

そして、パラワンのための階級といっても過言ではないものがあります。

そう、無差別階級です!!!

この階級は、名前の通り無差別です。制限がない階級です!

ここで、ありったけのでかさを発揮させられるのです!!もう、でかさしかとわれない階級なのです!


以上が、僕的視点でかんがえているクワガタ相撲です!

全てがあっているわけではないと思いますが、参考^^



そして、

なんと、ブログランキング...

                     8位にはいることができました~~~~!!!!!



ブログ始めて、まだ1カ月もたたないというのにもかかわらず、上位にたつことができました!!!

みなさんの「ポチッ」がこの結果をうんだのだと思います(TT)

いつもありがとうございます!!!

この調子で、どしどし更新して、新しい企画なども出していきたいと思っています!!!


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

でわでわ^^

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 白熱!! クワガタ相撲! | コメント:0
∧top | under∨
<<森の様子 その7 | ~Attractive Wild~クワガタブログ | 白熱!!ドルクスチャンプ杯!!!>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| ~Attractive Wild~クワガタブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。